さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2010年01月25日

なんというがっかり

アイヌ文化流用商品や市場の開発もさながら、
商品そのもののクオリティを底上げしなきゃならんと白兄とお話。

オークションサイトに上がっている、最近の製作であろうアイヌ系商品のページを
いくつか見せてもらったけれど、素人である自分や白兄のほうがまだいけるって作品が半分。
泣けた。作品に施された彫刻も刺繍もひどい。
模様が左右非対称にもほどがある、刺繍の目もばらばら、彫刻の彫りもガッタガタ。
これで商品とは先人も泣いてるんじゃないのか……。

しかもシンプルな模様で刺繍がガッタガタのマタンプシ(はちまき)が3万円って。
阿寒や白老のお土産屋さんでも相場は大体3千円。
さらに言えば阿寒や白老の舞台で使っているものになってくれば、
クオリティが高すぎて自分なんか涙目だよ。
最後まで作るのは素晴らしいが、これはない……。

オークションサイトのものを見てアイヌ文化ってこんなもんかと思われたくないし、
まずは言いだしっぺからと言うことで、
自分も白兄も作品のクオリティは下げないように気張ろうと思います。
着物……orz  


Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(2)アイヌねた