さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2010年01月31日

そうさく

最近はアイヌネタとファルネース以外でオリジナルらしいオリジナルを
描いていないような気がする……。アイディアが出ないっす。
それよか今はひとつのことを完成させることのほうが大事っぽい。
頑張るだああああああ  

Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)オタクねた

2010年01月30日

6年前のイオル構想案

今回の記事はちょっと長いよ。

 イオルとは“生活空間”や“猟場・漁場”を指すアイヌ語。
 イオル構想というのは、アイヌの生活文化再現のなんとかこうとか。うまく一言でいえない。
 アイヌ文化を生々しく再現して、教育にも観光にも文化の後継者育成にも役立てちゃおうぜ! みたいな。
 実際のところ、どういう計画なのかハッキリしていないんだけれど、まーだいたいそんな感じ。

 静内町が三石町と合併して新ひだか町になる前、今からさかのぼること6年、静内は“町として”イオル構想の具体的な計画案を出していたとかで、その計画案の資料を白兄が見せてくれました。
 浪漫と理想に満ち溢れていたよ。妄想が広がった。
 誇張表現や若干非現実的なところもあるけれど、それこそ各分野の有識者を集めて煮詰めればもっといいものになるだろう、いい案だと思いました。


 当時の案はイオルの候補地が白老と静内と平取であり、中核イオルとして白老を置き、白老・静内・平取で連携するのが前提。
 白老イオルは学習を中心とした、文化入門型。言わばアイヌ文化の入り口。
 静内イオルは古来の生活スタイルや行事などを知ることができる、伝統中心型イオル。
 平取イオルは木工、着物、生活用品作製など人の技を知ることができる、工芸中心型イオル。

 各地に伝統家屋・チセを建ててコタンを形成するが、その地域ならではの造り方でチセとコタンを形成し、使用するアイヌ語も方言が分かるように配慮するなど、各地域の特色を活かしつつ連携も取れたら最高じゃね? そしたら若い人の教育もはかどるし、アイヌ文化はもっとオープンになるし、北海道の誇れる文化になるんじゃね? って内容の案でした。(※一部赤崎の妄想)
 施設なども今在るものをそのまま使うとか、リフォームするとか、本当に足りないときだけ建てるとか、機転の利きそうな雰囲気。

 なんでこれがボツになったのか理解できねえです。
 静内のイオル構想案はまっさらから練り直し、しかも無理な内容てんこもり。この6年前の案は活かされず……残念すぎる……。
 でも妄想は広がった。希望は捨てちゃならねえ!
 平取はオキクルミ、白老はアエオイナ神、静内はシャクシャインか、フヘヘ  
タグ :静内観光


Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)アイヌねた

2010年01月29日

三方六の切れ端


先日、白兄が慰安旅行のお土産に買ってきた。
“柳月(りゅうげつ)”という北海道の菓子会社さんで
“三方六(さんぽうろく)”という名称のバウムクーヘンがあるのですが、それの端っこ。
写真は少し分かりにくいけれど、端っこが4枚重なっています。
端っこなので格安。でも味は正規品と同じ。なんてお得なんだ!

バウムクーヘンといえば、札幌駅のエスタ地下にも実演販売(?)しているところがあったなあ。
あそこは北菓楼(きたかろう)だったろうか……。
北海道って洋菓子に向いた土地柄だと思う。実に。乳も小麦も糖もあるよ!  
タグ :農業観光


Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)北海道ねた

2010年01月28日

ねこんだ

風邪らしい風邪ひいて、丸々二日ねこんでました。
よくなってきたけれどぶり返すのが怖かったので病院行ってきました。
インフルでもノロでもなく、ただの風邪でした。とりあえず安心。
薬をもらったのでこれ飲んで療養っす。
熱が高くなって逆に寒くなるというのを初めて経験した気がする。
健康バンザイ。  

Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)日常・その他

2010年01月27日

妄想した

あー気合を入れた一枚絵が描きたい……六英雄、六英雄が描きたいです……。
二月になったら時間ができ……あと4日しかないじゃん!

また地名とキャラを当てはめる妄想をしました。だからなんだっつうね。
ラッコーは千歳、ポは石狩、おき神は平取、サマ神は旭川、オイナ神は白老、オタは釧路。
ここはいつもどーり。次から。
わりっこは札幌、オルシ美幌、ラワン君は足寄、トミさん浦河、シリコは支笏、キムンは登別。
シャクシャインは無論、静内。
カモクタインは静内の人だけれど染退(シブチャリ)って感じ。
……静内も染退も語源は同じらしいんだけどさ。当て字って面白い。
ハシタインも瀬棚の人だけれど函館って感じ。あくまで感じ。イメージ。
コシャマインは倶知安かなあ……。
ビジュアルを創作してしまうと、自分の中で歴史上の人物が曲解されていくわー(笑)  

Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)オタクねた

2010年01月26日

煮込まれたい

寒くて寒くてどーにもならなくてダメだあ。寒いよー
ああ、おでんのこんにゃくみたいに煮込まれたい……。  

Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)日常・その他

2010年01月25日

なんというがっかり

アイヌ文化流用商品や市場の開発もさながら、
商品そのもののクオリティを底上げしなきゃならんと白兄とお話。

オークションサイトに上がっている、最近の製作であろうアイヌ系商品のページを
いくつか見せてもらったけれど、素人である自分や白兄のほうがまだいけるって作品が半分。
泣けた。作品に施された彫刻も刺繍もひどい。
模様が左右非対称にもほどがある、刺繍の目もばらばら、彫刻の彫りもガッタガタ。
これで商品とは先人も泣いてるんじゃないのか……。

しかもシンプルな模様で刺繍がガッタガタのマタンプシ(はちまき)が3万円って。
阿寒や白老のお土産屋さんでも相場は大体3千円。
さらに言えば阿寒や白老の舞台で使っているものになってくれば、
クオリティが高すぎて自分なんか涙目だよ。
最後まで作るのは素晴らしいが、これはない……。

オークションサイトのものを見てアイヌ文化ってこんなもんかと思われたくないし、
まずは言いだしっぺからと言うことで、
自分も白兄も作品のクオリティは下げないように気張ろうと思います。
着物……orz  


Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(2)アイヌねた

2010年01月24日

一節追加してきた

ケータイサイトの小説、『シリコロカムイ』に一節追加してきた。
最近あまりにも更新がないので苦し紛れに……orz

シリコロカムイ→[初めから読む][更新分を読む]  

Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)オタクねた

2010年01月23日

カテゴリ

自分のブログは日常ネタとオタクネタで半分を占めている件。
 まあ、あるある……(勉強してえです)。
バイト先で自分の好きな曲が掛かったときに店内放送が入るミラクル。
 まあ、あるある……(放送終了と共に曲も終了)。
ハマったシリーズものが既に最終回を迎えていた。
 まあ、あるある……(ウサビッチ……ぷ、プーチン……)。
ハマったシリーズものが先日最終回を迎えていた。
 まあ、あるある……(しょ、職・殺……)。
ハマった彼女をちっとも拝めない。
 まあ、あるある……(イモトーイモトー)。
更新できない。
 まあ、あるあr……ごめんなさい。に、二月になったら……!  

Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)日常・その他

2010年01月22日

線画




描いたけど色をつけていない線画、再び。
キャラ紹介用のまともな立ち絵がなかった連中を4枚ほど。
ちゃんと色を塗ってアップできるのは相当後になるくさい……。  

Posted by 赤崎いくや at 23:46Comments(0)オタクねた

2010年01月21日

トミさーん


落書き帳に描き殴ったトミカムイ。なんや知らんが描いていて泣けた。
多分、小説『シリコロカムイ』が第二の佳境を迎えているからなんだと思う。
筆の進みがいいよ。ラワン君がよく動きよる。
ああ、トミさーん!  

Posted by 赤崎いくや at 14:40Comments(2)オタクねた

2010年01月20日

不思議スポット静内

アイヌ系の話題でいけばシャクシャインで有名な静内。
どうやら静内川(シブチャリ川とも言う)に沿ってコタンが点在していたらしく、
今の静内周辺は人口が多かったようだ。

ちなみにコタンというのは“集落”を意味するので
規模に関係なく、チセが二、三軒立っていれば立派なコタン。
村長のチセがあって広場があって十数軒のチセが立っていてもコタン。

それはさておき以前にも記事にしたけれど、静内は不思議スポットだらけ。
……そのせいなのか静内は信心深い人が多いような気がする。

役場前にある地蔵菩薩なんかは不思議スポットの代表で、
昔、蒸気機関車の給水所を造る工事で地下深くから地蔵様が出てきて、
それを引き取って供養した女性はえらく霊力が付き、
人を見るだけでその人の素性が分かったとか。
白兄のばーちゃんが実際に会って経験しているので間違いない。
そしてその霊力が付いた女性、何十人もの孤児を引き取って育てた伝説つき。
郷土ロマンティックが止まらない。

手が空いたら不思議スポット静内地図でも作ってみたいのう。  


Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)北海道ねた

2010年01月19日

ラブマシーン

急にモーニング娘。が聴きたくなって、手当たり次第聴いていたら沁みた。
なんちゅう超ポジティブ。作業BGMに決定です、はい。
セクスィービーーーーーーム!!!!  

Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)オタクねた

2010年01月18日

オロナイン様様

どうも冬が本格的になってから手に細かい傷がいっぱい。
季節とーバイトのせいなのかーうわわわわわー
でもそんな時にはオロナイン! 小さいときからお世話になっとるぜ!
小さい傷なんかすぐ治るよ! ひゃっはー!
……でも治癒が追いつかない。……orz  

Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)日常・その他

2010年01月17日

アカーン

日記、四日も放置とか……我ながら放置新記録。
嬉しくねーです。ぶちゃけ、ね、ねたがない。
それってある意味平和な証拠。わお!
日記まとめあげ。これ書いたのは21日の昼だよ……。  

Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)日常・その他

2010年01月16日

墓地移転映像資料?

白兄がいくつか映像資料を借りてきました。
中には静内駅建設のためのアイヌ墓地移転の記録らしいものが。無音声、白黒でした。
イヨマンテの様子も同時収録。イヨマンテは無音声だけれどカラーでした。
どうやら個人で撮影したものらしく、故人にあてた一文が映像の中にありました。
なんか泣けた。

しかしこの墓地、どこへ移転したのやら……。
一瞬だけ静内川が映りこむので真歌(シャクシャイン記念館があるところ)の
近くではないかなーと思うのだけど……。勉強不足。
しかも移転先には結構立派な墓標も立っていたので、
今でも誰かが供養してくれていそうなものだけど、どうなんだろう。
映像の中には記念碑らしいものもあり、そこには北大医学部なんたらって……。

謎が謎を呼ぶぜ。  
タグ :歴史静内


Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)アイヌねた

2010年01月15日

ちょこれいとう

無性に食べたくなるときがある。
塩分過多。糖分不足。んなこたぁない。
体が欲しがっているんでなしに、気分的に欲しいんだと思う。
イモトに膝枕されたい。  

Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)日常・その他

2010年01月14日

戻ってきた年賀状

……どうしよう。今年は去年より戻ってきたやつ多い……。
寒中見舞いで改めて出すか……。
あと郵便局で切手と交換できるか聞いてこよう……。
未使用はオッケーだったけど、戻ってきたやつはどうなんじゃろ。  

Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)日常・その他

2010年01月13日

キーボードカバー

我がノートパソコンにはキーボードカバーをつけて使用しているわけですが、
ほんの油断から息子にそれを取られ、ぐしゃぐしゃにされてしまった。
折り目が付いてヨレヨレのクタクタに。キーボードにかけても浮いてしまう。
ギャアアアアアアと悲鳴を上げるわけにもいかず、自分は泣寝入……する前に
カバーを熱に当ててみたい好奇心に駆られ、ストーブにかざすこと数分。
見事に折り目が消えて直った。ワオ!!!!
しかも年季が入って白くなっていたのに購入当時ばりの透明さを取り戻した。
水洗いできるのは覚えていたけれど、熱で直るとは。
すげえ。どういう仕組みなのか理解できないが、とにかく助かった。いやっほう!  

Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)日常・その他

2010年01月12日

ビバ音楽

音楽は心の栄養だとはよく言ったもので。
漫画のストーリーやイラストの構図を考える時も音楽のお世話になっとります。
何気なくただ聴いているだけでも突然降りてきたり、
同じ曲を何度も聴いて場面展開を構築したり。
作業をするときはテンション高めの曲ばかりかけて。
音楽って偉大だなあ。

シリコロカムイの話を考えるときはゲームや映画のサントラ、
FARNESSの話を考えるときは洋楽、
イモトを描くときは破壊魔定光。
最近はそんな感じ。  

Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)オタクねた