さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2010年04月25日

マンガ日本史に注釈

白兄からの指示もあったので書くよ。
マンガ日本史『シャクシャイン アイヌ民族の英雄』は
細かいところも描き込まれていてとてもいいし、
シャクシャインの戦いのあらましを知るには最適だけれど、
その細かいところが間違っていて資料とするには少々危険らしい。

ヌサ(弊所、イナウを立てるところ)があるのにロルンプヤラ(神窓)がないとか、
熊の檻の立つ位置が変だとか、
鹿や鮭はカムイではなくて特定のカムイが降ろすものだとか、
動物神だけではなくて物神、地神についても書いて欲しかったとか、
静内のアイヌが樺太系の着物ばかり着ているとか、
巻末の写真資料は何故か旭川系ばかりだとか。

創作などではなくアイヌものだと明言し、シャクシャインという実在した人物が題材の上、
細かいところまで描き込まれていただけに白兄としては残念だったらしい。
先述のことは赤崎もやってしまうミスなので、気を引き締めたいところ。
『ひとりぼっちのヘカチ』を描いていたときは資料が手放せなかった……。
白兄に何度怒られたか分からんす(笑)  
タグ :歴史静内


Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(4)アイヌねた