さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2010年07月14日

続々・吉平ブーム

どれだけ自作キャラが好きなんだよっつうね。
キャラもそうだけど、キャラのバックボーンを考えるのが楽しい。
どういう心理が働いて、どんな目的を持ってどう行動しているのかとか、
それら定まってくるとキャラが勝手に動き出すという創作屋の醍醐味が。

そもそも吉平は和人なのでアイヌであるラワン君を前にして
色々考えるあたり、赤崎自身と被るところがあるんだよなあ。
それに加えて自分はあまり本州の日本文化を知らないっていうのもある。

数年前に滋賀県で暮らしたときは、衝撃と感動の繰り返しだったっけ。
整備された水路に風情ある桜や水田、神社に城、街中にある狭い通路。
北海道にはないものだらけ。むしろ、あるはずのないものだらけ。
何もかもが新鮮に感じ、ときに懐かしく感じた。
とある神社所蔵の鏡や懸仏などを見せてもらったときはグッときた。
過去の歴史が今でもなお生きていて、人々に影響を与えているんだなあと。
あの頃の自分に戦国時代への興味が無かったのが悔やまれる。

自分は吉平というキャラクターを作ることで自分自身に
日本文化探求の喚起をしているのかもなあ……。
日本という国の再認識のような……なんちゃってね~  
タグ :歴史


Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)オタクねた