さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2010年11月23日

シャクシャイン物語(仮)

ツイッターで突発的にシャクシャインの戦いのあらましをギャグにして投稿。
最近はやってない。何故なら勉強してないからー!

カモクタインがオニビシと対談、でも色々あって戦闘、カモクタイン戦死。
オニビシとシャクシャインが松前藩に呼び出され、不戦の誓いを立てられる。
しかしどっこい色々あってまた戦闘、ついにオニビシ戦死。【いまここ】
ウタフが松前藩に協力を要請、断られて帰路にて病死。
シャクシャインが病死を毒殺と吹聴、松前藩対シャクシャイン戦勃発。
新冠にてシャクシャイン謀殺される。
シブチャリに立てこもっていた庄太夫一行も敗れ、処刑される。

登場人物とかも多くて勉強すればするほど妄想が止まらない。
苦悩するカモクタインとか、うっかりな文四郎とか、策士な庄太夫とか、
かわいそうなウタフとか、世間知らずな蠣崎氏とか。
個人的にはシャクシャインとオニビシのやり取りが描きたい。
わがままをぶつけ合う、おっさんと青年。うけるw
ちなみにオニビシはシャクシャインの20歳ほど年下だったとか。

アイヌ勢ばかりクローズアップされがちだけど、幕府軍もなかなかステキですぜ。
諸悪の根源は松前藩であって、和人そのものではないのがまたミソな。  
タグ :歴史静内


Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)オタクねた