さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2011年12月30日

黒王子泰広



戦譚シャクシャイン中、松前藩一の美形を誇るポジションに落ち着いた松前泰広。
ちなみにシブチャリーズではカンリリカ。

しかし松前藩のキャラ構築をしていくうちに泰広さんは
赤崎からとんでもないものをぶち壊していきました。
それは恥の概念でした。
越後庄太夫というライバルなんだかソウルメイトなんだか
複雑な相棒をゲットしてからの彼は異常。無論面白い意味で。
でも描けねーよ、そんなもん。

あだ名も“やっち”だけでは飽き足らず、プリンスだの破壊魔だのくっついて、
松前黒王子八左衛門破壊魔泰広になりました。長いわ。



はじめはいじることもできず、笑顔になってくれないことに悩んだ彼でしたが、
だいぶ動くようになりました。恋の力って偉大ですねゲフンゲフンwwwww



彼が報告書をまとめてくれたおかげで、今こうやってシャクシャインの物語を描ける。
一度はお墓参りにいきたいなあ……。スライディング土下座するしかあるめえ。  
タグ :松前藩


Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)戦譚シャクシャイン