さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2012年03月30日

松前藩新キャラ4人



人物相関図、松前・蠣崎家系図を作るにあたり、キャライラストをこしらえ中。
そのうち新キャラとなって最近動き始めた4人。

■五代目藩主・松前兵庫矩広
蔵人広林の甥にあたる、シャクシャイン戦のときに九歳だった幼君。ちなみに就任期間が一番長い。家老が変死しまくった。
扇はわがままを言って蔵人広林とおそろの鉄扇。重いけど意地で持ち歩ってるとかいう設定。

■三代目藩主・松前弁之助氏広
松前八左衛門泰広の異母兄、矩広の祖父。江戸松前藩邸にて27歳という若さで没。病弱。43年に起きたヘナウケの戦いで指揮をとった人。
儚げに見せてやっちいじりの鬼。やっちが黒王子なのに対して白王子な感じで。

■執事・蠣崎主殿広隆
矩広時代初期の家老衆のひとり。蔵人広林とともに江戸入り、矩広の御目見をこなす。
シャクシャイン戦のときは松前で各藩からの援軍の対応に追われていた様子。シャクシャイン没後の戦後処理で余市・白老への出兵経験あり。蔵人広林の死亡二年後に江戸松前藩邸にて変死、または藩政に関する訴訟からの自殺。
彼の姉が氏広兄さんの奥さんというビックリ。彼の叔母が泰広さんの母親という更なるビックリ。もうやめて。

■蠣崎次郎左衛門広政
蔵人広林の弟。兄と違って人当たりよく、下々の者に好かれていたとか。彼の息子が蔵人広林の養子となって蔵人流の跡を継ぐ。
蔵人広林亡きあと家老となるも藩政に関わる訴訟があり、責任をとって自殺したらしい。そのあとに主殿広隆が家老になるが、変死。蔵人広林の養子になった息子も後々家老になるも変死。誰か助けてください。
そしていつの間にかお茶くみキャラが定着していた。
  
タグ :歴史松前藩


Posted by 赤崎いくや at 14:45Comments(0)戦譚シャクシャイン