さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2010年03月12日

意味の幅が広い




コタンカラカムイ【地上創造神】。
いつだかサマイクル(以下サマ神)もコタンカラカムイと呼ばれていたとかで、
神話におけるサマ神とコタンカラカムイの役割は違うと思って訳し方を変えたんだよな。
このイラストのおっちゃんは“地上創造神”で、サマ神は“地域振興神”。そんな具合。

“コタン”も【集落・国・大地】とまあ、言葉の前後によって意味がなんとなく違う。
コタンカラカムイは山や湖を造った神で、
サマ神が言われるコタンカラカムイは村興しに関わる人文神で、微妙に違うと。

意味の幅が広いといえばトミカムイの“トミ”とか。
太刀、宝、戦争、力、それぞれに訳せるんだけど、
もとは“宝”だけを意味する言葉だったのが、宝の中には刃物があったために戦に使われ、
戦争だの力だのという意味もついていったんじゃないかなーと妄想。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(アイヌねた)の記事画像
切り紙
コンチョ
図書館で缶詰め
刺繍教室終了
温故知新なかんじ
デキタ!!!!
同じカテゴリー(アイヌねた)の記事
 切り紙 (2015-01-30 23:59)
 動画の紹介・報道スペシャル-アイヌ問題の真実 (2012-02-05 23:59)
 4年ぶりのマジ録更新 (2012-01-24 23:59)
 いざポジティブ (2011-12-04 09:36)
 刺繍の先生 (2011-09-20 23:59)
 久々白老 (2011-05-11 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
意味の幅が広い
    コメント(0)