さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2010年05月07日

ルーツを辿って

現存するアイヌ民具、それも祭事に使うお宝系のルーツを調べると何が分かるのか。
頭の弱い赤崎に白兄が懇切丁寧に教えてくれました。

お酒を注ぐトゥキという器があります。
これはたいてい漆塗りであり、和人との交易品と言われています。
そのためトゥキには和風模様が描かれていることがあり、
その模様をもとに、どういった経緯で和人から
アイヌにもたされたのか探ることができるそうです。

例えば……白老にあったトゥキと同じ模様の器が
滋賀にあったりしたらこりゃもう浪漫だよね!
誰が持ってきて、いつ交換して、どんな時代背景があったのかとか
ムッハムハですともー! ……ということらしい。

考古学民俗学すげえ!
いつぞやの講演会で聞いたときの熱が再燃。


あなたにおススメの記事

タグ :歴史

同じカテゴリー(アイヌねた)の記事画像
切り紙
コンチョ
図書館で缶詰め
刺繍教室終了
温故知新なかんじ
デキタ!!!!
同じカテゴリー(アイヌねた)の記事
 切り紙 (2015-01-30 23:59)
 動画の紹介・報道スペシャル-アイヌ問題の真実 (2012-02-05 23:59)
 4年ぶりのマジ録更新 (2012-01-24 23:59)
 いざポジティブ (2011-12-04 09:36)
 刺繍の先生 (2011-09-20 23:59)
 久々白老 (2011-05-11 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ルーツを辿って
    コメント(0)