さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2010年09月03日

チコモタイン

松前藩と交易の協定を結ぶのに一役かった人物はハシタインのほかにもうひとり。
チコモタイン。彼は知内の長だった人。
記録から諸説あるようですが、ハシタインとチコモタインは
松前藩から税が貰える代わり、俗に言う海賊の取締を任されたらしいです。
なにそれ熱い。妄想とまんねー


あなたにおススメの記事

タグ :歴史

同じカテゴリー(アイヌねた)の記事画像
切り紙
コンチョ
図書館で缶詰め
刺繍教室終了
温故知新なかんじ
デキタ!!!!
同じカテゴリー(アイヌねた)の記事
 切り紙 (2015-01-30 23:59)
 動画の紹介・報道スペシャル-アイヌ問題の真実 (2012-02-05 23:59)
 4年ぶりのマジ録更新 (2012-01-24 23:59)
 いざポジティブ (2011-12-04 09:36)
 刺繍の先生 (2011-09-20 23:59)
 久々白老 (2011-05-11 23:59)

この記事へのコメント
海賊の取締てすごいですね(^^;)
Posted by You Don't Cry at 2010年09月06日 18:11
コメントありがとうございます。

まだ勉強途中ですが、今で言う海上保安官とか警察官とかそんな感じですかねえ。
当時の北海道は金山ありーの鷹ありーので本州人からすると資源だらけで、えらく魅力的だったんだと思います。
その北海道に住むアイヌとの交易を独占することは相当な儲けに繋がるので、
交易独占のため、他藩の侵入を防ぐために行われた松前藩の策だったのかもしれませんね。
うん、熱い。
Posted by 赤崎 at 2010年09月07日 14:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
チコモタイン
    コメント(2)