さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2011年03月12日

一夜明けて

静内は海沿いの町であり自宅も川に近いため、車で高台に避難するも
津波情報から目も耳も離せず、眠れないまま夜を明かし、
日が昇ってから白兄と交代で眠り、ニュースを見たり情報を集めたりしました。

前日は震災で商品が荒れた店を助けるため普通に出勤しました。
24時間営業であるわがコンビニですが、四時間ほどシャッターが降りました。
私の出勤とほぼ同時に開店。その途端、狙ったようにお客さんが多く入り、
お弁当のほか水やカップ麺、お米が消えていきました。
こんな大震災があって家事する元気が起きるわけないよな、と。

親しいお客さんみんなからお気遣いの言葉をいただいて、
コンビニ店員冥利とはこれか、などとも思ったり。

余震が続き、大津波警報が出ている中、避難もせずに
コンビニでレジに立っている自分がなんか不思議だった。妙な使命感があった。
津波なんてこねーよ、と思っていなかったと言ったら嘘になる。
テレビで浦河の港が津波に遭って車やコンテナが流されるのを見ていた。
慣れ親しんだ釧路の幣舞の河口が津波に飲まれるのを見ていた。
でも仕事しないといかんという気持ちがあった。
コンビニ店員が板についてきたのかもしんない。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(日常・その他)の記事画像
ちくちく始めました
6月12日の記事
2月17日の記事
1月23日の記事
またよろしくお願いします
さらに一年、何かから誘われたかのように
同じカテゴリー(日常・その他)の記事
 ちくちく始めました (2015-06-16 22:08)
 6月12日の記事 (2015-06-12 21:48)
 2月25日の記事 (2015-02-25 00:10)
 2月17日の記事 (2015-02-17 00:34)
 2月4日の記事 (2015-02-04 20:19)
 道というより氷です (2015-01-29 23:46)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
一夜明けて
    コメント(0)