さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2011年04月06日

シサムのふたり



金堀の庄太夫と鷹匠の吉平。
出稼ぎ労働者として入ったであろう庄太夫は現地のメノコと結婚。
いつごろシブチャリへやってきたのかは不明。
赤崎設定ではシャクシャインとオニビシの和睦が初めて成立したあたり。
シャクシャインと共に蜂起を決意し、アイヌ軍を導き、
最後まで抵抗し続けた彼の心境とはどんなものだったのだろう。
アイヌに婿入りしたシサムだったのか、
シサムを捨ててアイヌの仲間入りをしていたのか。

吉平は言わずもがなw

赤崎はやはりどうあがいても和人なので、
彼らの気持ちはよくわかる気がする……


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(オタクねた)の記事画像
近況
戦譚三沼
リハビリも兼ねてらくがきる
衣装パロディ
水芭蕉
吸血鬼さん
同じカテゴリー(オタクねた)の記事
 近況 (2016-08-11 22:00)
 戦譚三沼 (2015-09-06 21:03)
 リハビリも兼ねてらくがきる (2015-01-18 22:16)
 ストーリーを考える (2015-01-13 23:13)
 衣装パロディ (2015-01-10 23:59)
 水芭蕉 (2012-02-17 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
シサムのふたり
    コメント(0)