さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2011年11月10日

「まるで恋だね」妄想まとめ

―――ことの発端。
寛文九年、八月上旬、松前泰広は蠣崎蔵人の部隊と合流。
庄太夫率いるシブチャリ軍と松前泰広率いる松前軍が衝突(※創作)。
合戦を通じて互いの戦略に胸が高鳴りだす。

庄太夫「よく訓練された兵、隙のない布陣と戦略、こんな策なら鉄砲なんておかざりみたい……
これが松前泰広なんだね……カン君、おれ、恋しちゃいそう」
カンリリカ「姉さん、義兄が事件です」

【前提】
・庄太夫は秋田藩の隠密ではなかろうか。
“越後の庄太夫”というのは身元を隠すためかもしれない。
北海道の金堀には隠れキリシタンが多かった。それは静内も例外ではない。
秋田藩のキリシタンが書かれた名簿には庄太夫の名前があるらしい。
隠密かキリシタンかは定かではないにしろ、秋田とは深い縁があるようだ。
シャクシャインに蜂起を促したのは庄太夫。
松前がシャクシャインに提示した和睦条件の中に“庄太夫の命は助ける”というものがあった。

・旗本、松前泰広は松前藩においても江戸幕府においても要人だった。
松前から分家されて江戸に住まう。
婚姻関係を経て親近者から兵法などを学んで、
自身でも軍事に関する本を献上するあたり軍事知識は相当あったと思われる。
蝦夷蜂起の知らせを聞いて自ら討伐を願い出た記録もあり。
当時の松前藩は幼君擁立が相次ぎ、家臣が好き勝手やっていた節があった。
彼は江戸と松前の仲を取り持ち、松前藩回復のため、奔走していたのかもしれない。

−−−−−−−−−−

赤崎ともう一人で二人について調べているわけですが、庄太夫の直接資料となりうるのは
彼の火刑を指示したであろう松前泰広本人の出陣報告書。
この資料には全く持って縁がなく、一度も読んだことがない。
泰広さんは庄太夫をどう記録したのか、赤崎らは気になって気になってもう。
あれやこれやで庄太夫と泰広さんのネタは『まるで恋だね』と、タイトルがつきました(笑)

以下、診断メーカー【http://shindanmaker.com/74923】からのお題で広がった妄想、その他のまとめ。
ちょっとイラストを足してみた。あとツイッター投稿のため、台本小説モドキ。
基本的に ネ タ です。ヘイラッシャイ。
   ↓


蠣崎蔵人「……どうやら内部に隠密がいるようです」
松前泰広「そうか、さぞ退屈だろう。叩いても文字通り埃しか出てこなくて」
蠣崎蔵人「まったくですなあ」
松前泰広「蔵人、ほこりがついてるぞ、叩いてやろうか」
蠣崎蔵人「はっはっは、ご冗談を(ヒヤリ」
松前泰広(ニッコリ

※シャクシャインの蜂起があって、東北近隣の藩が北海道に密偵を送り、
松前藩のあら探しや蜂起の背景をさぐっていたんですね。


【お題】松前泰広の『脱ぐな』という台詞を使った「ギャグっぽい場面」を作ってみましょう。

佐藤権左衛門「蝦夷討伐のため、有志を募りました」
松前泰広「そうか、感謝する」
兵い「肉体には自信が!」
泰広「脱ぐな」
兵ろ「クマと戦って生き延びた証が尻に!」
泰広「脱ぐな」
兵は「私、脱いでも凄いんです!」
泰広「脱ぐな」
兵に「酔っぱらいました!」
泰広「お前は火刑だ」


【お題】庄太夫と松前泰広の『泣かせたい』という台詞を使った「ギャグっぽい場面」を作ってみましょう。
……大人げない総大将同士の戦い勃発

庄太夫「松前泰広……あんな綺麗な顔立ちしたひと、初めて見た……。
くっそ、泣かしたいwwwwwww」
松前泰広「……シサムがいたとは……それもただの金堀……いや、ただの金堀なのか……
侮辱された気分だ、いっそのこと泣かしたい……ばーかばーか……」


【お題】松前泰広と庄太夫の『都合のいい話』という台詞を使った「ムーディーな場面」を作ってみましょう。
……雇用交渉しか浮かばなかった。

泰広「……」 
庄太夫「都合のいい話……おれをばかにしているの?
おれはシブチャリに生きて仲間と魂燃やすために今、あなたに刃を向けているんですよ?
松前は相当な人材不足なんですね」 
泰広「……正直なところ、物心ついてから自分の感情に対し、
こうも素直になれたのは殆ど初めてのことで、私自身驚いている。
……大変な失礼をしたな、あなたの志を貶してしまった」 
庄太夫「……あれが、あなたの、本心ですか……松前は病んでいるのですね。
しかし、おれの魂はシブチャリにあります。あなたの元には行きません、絶対に」 
泰広「ああ」 
庄太夫「でも」 
泰広「でも?」 
庄太夫「あなたなら松前を建て直せます」 
泰広「……言われなくてもやる」 
庄太夫「言っておきたかっただけです。さあ死合いましょう、泰広殿」

※隠密の能力を買い、藩に欲しいと思っちゃった話。
庄太夫と泰広さんの一対一の対決を考えてはいるものの……うーむ。


庄太夫の火刑を前に。

松前泰広「言い遺すことはないか」
庄太夫「そうですね……泰広殿と……」
泰広「私と?」
庄太夫「マルマルモリモリ」
泰広「火を放て」



泰広「こんなこと庄太夫じゃなければ、付き合わなかった……
庄太夫じゃなければ、庄太夫じゃなければ、マルモリなんか……!
恥ずかしい、しにたい」
庄太夫「真面目すぎなんですって」

庄太夫「マツケンサンバはどうだろう」
泰広(なんでこの男に魂が反応したのか、とことんわからない……)

※仕切りなおし。
泰広「言い遺す……ことは……ないか……」
庄太夫「泰広殿……」
泰広「踊らないぞ……」
庄太夫「ぶっふぉwwwww」
泰広「怒るよ……」
庄太夫「そんな泰広殿が大好きです」
泰広「火を放て!!」

庄太夫「まるで恋だね」 泰広...orz




あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(戦譚シャクシャイン)の記事画像
とりあえずぶつけておいた
歴史創作主要三人
らくがきぴち
藩主三人らくがき
らくがき
松前鬼太夫
同じカテゴリー(戦譚シャクシャイン)の記事
 とりあえずぶつけておいた (2015-02-03 23:29)
 歴史創作主要三人 (2015-02-01 23:59)
 らくがきぴち (2015-01-24 23:59)
 藩主三人らくがき (2015-01-19 23:36)
 らくがき (2013-04-21 10:57)
 松前鬼太夫 (2013-03-10 22:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「まるで恋だね」妄想まとめ
    コメント(0)