さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2011年11月28日

江戸に戻った泰広さん、その後



泰広「……金に生きるは下品にすぎる、恋に生きるは切なすぎる、出世に生きるはくたびれる……
とかくこの世は一天地六。命ぎりぎり勝負をかける……
仕事はよろず引き受けましょう、大小遠近、男女は問わず委細面談、日光目付裏稼業」 

※パロですよ

お役所仕事をずっとやっていたみたいですね、彼。
しかしなんでか必殺シリーズのイメージがついてしまって。
彼の腰にはいつも友から預かったマキリが……という妄想。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(戦譚シャクシャイン)の記事画像
とりあえずぶつけておいた
歴史創作主要三人
らくがきぴち
藩主三人らくがき
らくがき
松前鬼太夫
同じカテゴリー(戦譚シャクシャイン)の記事
 とりあえずぶつけておいた (2015-02-03 23:29)
 歴史創作主要三人 (2015-02-01 23:59)
 らくがきぴち (2015-01-24 23:59)
 藩主三人らくがき (2015-01-19 23:36)
 らくがき (2013-04-21 10:57)
 松前鬼太夫 (2013-03-10 22:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
江戸に戻った泰広さん、その後
    コメント(0)