さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2011年09月20日

刺繍の先生

去年はおそれ多くもアイヌ刺繍の講師なんてさせていただいた自分ですが、
刺繍歴なんてたかが二年程度のぺーぺーでござる。

そんな自分が勝手に刺繍の師と仰ぐ方々がいらっしゃる。
もう引っ越す先々で出会っては何人もいらっしゃるわけですよ。
一番最初は白老でした。次は苫小牧でした。その次は静内、その次は阿寒と……
なんとも師に恵まれました。

どの方も自分の刺繍方法を持っていながら他の方法もたくさん知っていて、
それでいて否定するんでなく「やりやすいのがいいべさ」な人ばかりでした。

なーんでこんな話を書いたかというと、裁縫が進まないからで……
赤崎ひとりのデスマーチが聞こえてきて、アウトフラグびんびんなわけですが、
師匠たちが教えてくれた技やそのときの風景をふと思い出して、
がんばらないとなーと。

……気持ちばかり焦っているドンクサです。  
タグ :伝統工芸


Posted by 赤崎いくや at 23:59Comments(0)アイヌねた